酒が嫌いなんだ、っていう話

酒が嫌いなのである。

 

一言に「酒が嫌いだ」といっても、じゃあ酒の何が嫌いなのかという話になる。

というわけで、この際に全てをハッキリとさせておきたい。

 

酒が好きな人は見ても「こいつバカ?」と思うかもしれないので、見ないほうがいいです。

先に謝っておきます。申し訳ありません。

 

では開始します。

 

 

────────────────────

 

 

①そもそも酒、マズくない?

 

これ。

美味いか? 酒って。

 

また、酒を飲んでいる人からこんな言葉を聞いたことがあるだろう。

 

「このお酒、飲みやすいですね~♪」

 

 

いや、冷えたアクエリアスの方が50倍は飲みやすいね。

 

 

────────────────────

 

 

②居酒屋においてある『すべて』、高くない?

 

★枝豆 490円

 

え?

 

★コロッケ 590円

 

え?

 

★唐揚げ小3個 400円

★ソフトドリンク 410円

 

え??

 

黒霧島(グラス) 550円

 

え???

 

………

 

ちょっと、俺がよく行くサイゼリヤのメニュー見てもいい?

 

★柔らか青豆の温サラダ 200円

 

はい。

 

★ミラノ風ドリア 300円

 

はい。

 

★若鶏のディアボラ風 500円

 

はい。

 

★セットドリンクバー 200円

 

うんうん。

 

………

 

なにこれ?

 

 

────────────────────

 

 

③酒の席なら何をしてもいい、という風潮。なに?

 

「……だからな、俺は言ってやったわけ。『イシャはどこだ!』ってよ」

「……あはは」

「あ~~、おい、なんか面白いことやれよ」

「え?」

「お前、全然酒呑んでねえじゃん。だったら面白いことしろっつってんの(?)」

「え~~~~~と」

「……」

ボコッ

「痛ッ」

「……」

「は、はい……え~~~~~~~~~~~~~~と、じゃあ……ドラゴンボールZのセルの声真似やります。…スゥ~…『このわたしにバリヤーを張らせた貴様の攻撃は評価に値する……思いのほかダメージは大きかったぞ……』」

「……」

ボコッ

「痛ッ」

 

で。

 

「うぅ~~~~」

「先輩、大丈夫ですか。歩けますか」

「バカかお前は」

ボコッ

「くっ……」

「歩けるわ……」

フラフラ……

「あ~~~~ションベンしたくなってきたな」

「ダメですって、ここ店の前ですよ!」

ジー

「ちょっ……」

ジョロロロロロロロロロロ……

「ウ↑ィ↓~~~~~」

「わ~~~~~~~~」

 

………

 

なにこれ?

 

 

────────────────────

 

 

④酒、頭痛くならないっすか?

 

飲み会でまず最初に飲むものといえば、そう『ビール』である。

ビール自体がそもそも美味しくないのはまあ置いといて、1杯までならなんとか耐えられるのだが、飲み会ではまず1杯では済まないため、2杯目を飲むことになる。

すると、頭がズキズキと痛くなってくるんですよね。

しかも、ず~~~~~っと。

ズキズキズキズキズキズキ。

って、そんな感じで頭が痛くても、先輩に酒を注がないといけない、注文しないといけない、先輩が注文したにも関わらず全く手を付けてないサラダとか海老の唐揚げとかを食べなきゃいけなかったりする。

俺以外が全員楽しくしているような気がする。

俺だけ苦しんでいるような。

一度、あまりにも苦しいから自暴自棄になって、自傷行為みたいに酒をガブガブ飲んだら嘔吐が止まらなくなった。

苦しい。

 

意味ある? これ。

 

 

────────────────────

 

 

⑤飲みニケーションとかいうバカタレ

 

酒の席でしかできないコミュニケーション。それが飲みニケーションだ。

 

で?

 

って感じ。

 

わざわざ居酒屋に行かなければコミュニケーションが取れないっていうのもおかしな話で、そんなものは普段からコミュニケーションを取ればいいだけこと。

そもそも職場で一分一秒も喋っている暇がないというわけでもないのだから、その時に話せばいいだけの話じゃない?

 

そういう人に限って、酒を飲むことを、『呑む』とかちょっと洒落た感じで表現したがるんだよね。ジュースを飲むのとは別、違うんだよ、と。

 

というか、俺みたいに酒に弱い人間からすると、酒を飲んでフラフラになった状態で聞いたありがたい話だったり、後々重要になってくる話とか、それこそ聞いてる暇ない。

頭が痛くて、目を瞑りたくて(横になって安静にしていたい)、話を聞く余裕が無いからだ。

 

これ、本当にキツイんですよ。マジで。

 

本当に。

 

 

────────────────────

 

 

⑥で、酒に対してぐちぐちブーたれてる俺は?

 

あのさぁ……さっきから酒の悪口ばかり言ってるお前。酒の否定ばっかりしてるけど、そんな無価値な飲みモンだったらさ、現代まで生き残ってるわけねーだろ。アホか。じゃあ何か?お前は酒に代わるなにかを提供できるとでも? さっき飲みニケーションのこと馬鹿にしてたよな? じゃあお前、お前こそ普段から人とコミュニケーション取ろうとしてんのかよ。職場の隅っこでブツブツブツブツ喋りやがってよ。聞こえねーんだよ。お前の声。で、お前タバコ吸ってたよな? 俺から言わせればタバコの方が『悪』だと思うね。飲み会は勤務時間””外””に好きな人間同士で行ってるからいいものの、「タバコ休憩いってきまーす」とか……え? まだみんな働いてるっつーの。お前がちょこちょこ休憩行くせいでイライラしてんだよ、こっちは。というか臭せーんだよ。休憩から帰ってきたお前。てめぇじゃ鼻が馬鹿になってっからわかんないかもしれないけど、服にこびりついてんだよ、煙の臭いが。ま、いいや、酒の話に戻るけどさ。別に俺は、お前に「飲み会に参加しろ」だとか言いたいわけじゃない。わかる? 単純に酒が好きだから飲む、っていう人間もいるけど、そういうんじゃなくて、職場だけで分からなかったことを知る場所でもあるわけ。飲み会は。ちょっと職場でこういう不満を抱えてて、とか、あの人嫌いなんです、とか。一言言っとくけど、勤務時間中に神妙な顔つきでそうやって話しかけてきたらもう辞める寸前だからね。そいつは。ギリギリまで耐えて、そんで話しかけてきてるわけ。そういう深刻な状態になる前、みんなが聞いてるか聞いてないかわからないような場所で、ポロッと言ったことが重要だったりすんだよ。わかる? まあ、そんな深く考えなくても、俺は酒の味が好きだから飲んでるだけだけどね。で、なんか言いたいことある? 全部反論できたら認めてやるよ。

 

 

あの、すいませんでした。